年相応のファッションが大事

年齢にあったファッション

ファッションというものは、年を重ねるごとにだんだんとその好みが変わっているものだと思います。10代のころに好きだったファッションが30代になっても好きということはないでしょう。
そもそもその頃、流行っていたファッションと今現在流行っているファッションは異なるものですし、なによりも、10代の頃に似合っていたファッションが今現在の年を重ねた自分にも似合うファッションかと問われたら、それは違うとしか言えないからです。

 

それでも、共通して同じことはあるでしょう。
たとえば、色です。
自分にはこのカラーが似合うし、好きだというものがあるでしょう。自分の好きな色というものは、そう簡単には変えられないものです。
同じ色でも、色合いや雰囲気が違うさまざまな種類があるでしょう。
今の年齢にあった色合いのものを選んで、ファッションに取り入れる。
大人になった今しかできないファッションを楽しむのも、オシャレなことと言えるのではないでしょうか。

嫌われ者の靴

先の尖った革靴。けっこう履いている男性が多いのではないでしょうか。
でも、この靴は女性からの評判があまりよくないようですよ。
以前、テレビに出ていた女優さんも先の尖っている靴を履いている男性は好きではないというようなことを言っておられました。

 

なんとなく、メンズファッション キャップ好きなナルシストのような雰囲気をも醸し出している、先の尖った靴。
なんでなのでしょうね。ただ先が尖っているというだけです。
女性の靴には、先が細くなっている靴は多いですよね。
ヒールやパンプス、ミュールなど、先のほうが細い靴は多いものです。
ですが、男性の革靴はむやみやたらに長いですよね。その分が余分なのではないかと思います。だから嫌われてしまうのでしょうか。

 

実際、男性はどんな風に思ってあの先の尖った靴を履いておられるのでしょうか。
俺ってイケてる!と思って履いているのでしょうか。それとも、あの靴が男性にはオシャレに見えているのでしょうか。
ですが、デートには履いていかないほうが賢明です。
その靴を嫌っている女性は多いですよ。